大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


千本すじ

投稿日時:2011/04/05(火) 09:46rss



外もものハバキという部分の中心に潜んでいる千本すじです。

その名のとおり、千本すじがあるかどうかは数えたことがないので不明だが
とにかく硬くて、薄くスライスしたりミンチ材にしか使えないと思っていた。

ところが、先日書いたちまき同様に、昔からの思い込みで薄くカットして包丁で
たたいてやれば、これがすごく美味なのだ。

私ぐらいの年代で、丁稚奉公を経験した人間は
恐らく、その当時習ったやり方が身についてしまって
この部位はすき焼き、この部位はミンチ、というふうな固定観念が強いように思う。

最近、一頭買いの相談を受けることが多いのだが、
すべての部位を捌ききれる商品構成が作れないロスばかりでてしまう。

いろいろと試してみて、商品として販売できるかどうか、
まずは自分で食べてみることだ。

やりすぎると私のような体型になりかねないが。



 


Twitter「つぶやく」ボタン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近江牛さかえや

近江牛の販売【近江牛ドットコム】
ホルモンの販売【ホルモンドットコム】
近江牛業務用卸
業務用焼肉のたれ

トラックバック一覧

コメント


いつも楽しく拝見しています。
千本スジ 以前タタキにして食べたことがあります。
歯ごたえがありしかもやわらかい不思議な食感を覚えています。

Posted by てつ at 2011/04/07 08:59:47 PASS:

てつさん、コメントおおきにです!

タタキとはすばらしい発想ですね。

火入れした個所は歯ごたえがあり、
レアの部分は柔らかい、そんな感じでしょうね。

さっそく試してみます。

Posted by 新保 吉伸 at 2011/04/08 13:34:54 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)サカエヤでは、「食」を通して「美味しさ」とともに贅沢な時間と楽しさ、笑顔の「食卓」を提案します。 【関連会社】 株式会社 アヴァッツ 近江牛ドットコム株式会社

詳細へ

個人プロフィール

1961年、父と母が京都にて繁殖に成功。玉のような可愛い赤ちゃんとして生誕。現在、中年おっさん道を順調に歩んでおります。

詳細へ

<<  2020年12月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 訳あり from 通販商品一覧
    訳あり
  • pkxqJVYO from pkxqJVYO
    やまけんさんが育てた短角牛「さちの肉」を食す会 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    牛肉の美味しさは、味・香り・食感 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • プラダ バッグ from プラダ バッグ
    ○八ホルモン - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ バッグ from フェラガモ バッグ
    ブログをやっていてよかったこと - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸