大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


焼き肉店「ロース」実はもも肉 消費者庁が表示見直し要請

投稿日時:2010/10/11(月) 10:00rss

タイトルの件だが、会う人会う人にこのことを聞かれた。

詳しくはこういうことだ↓

焼き肉店の牛肉メニューに「ロース」として表示されている肉が
もも肉(外もも)など赤身であるケースが多いとして、消費者庁は7日、
景品表示法(優良誤認)に基づき、業界団体の「全国焼肉協会」(東京)に対し、
加盟店に表示の見直しをするよう要請した。

焼き肉業界では長年、赤身でもロースとして表示するのが慣行だったが、
消費者に誤解を与えるとして見直しを求めた。

約1400店が加盟する協会の担当者は「調理人が肉質を見て表示を決めてきた。消費者に疑問を持たれないように指導していく」と話した。

消費者庁によると、農林水産省がスーパーなど小売店向けに定めている基準で
ロースと表示できる部位は肩ロース、リブロース、サーロインの3部位。
もも、ランプはロースと表示できない。
ロースの卸価格は、ももに比べ約3割高いという。

以上だが・・・

momo

「モモ=赤身」というイメージなので、
脂身が苦手な方は、モモ肉をオーダーすると思うが、

写真の肉、じつはモモなんです。
専門家か牛肉に詳しい方でない限りロースと答えると思います。

格付けが上位になればなるほど
あらゆる部分にサシが入ります。

表示の見直しをすることはいいことだと思うが、
モモでもA5ランクともなれば、写真のようにサシが多くなる。

ここまでくれば、モモなのかロースなのかわからない。
逆に「モモ=赤身」を連想している方が大半だと思うが、
オーダーして写真のようなモモがでてくればクレームになりかねない。

では、ロースと表示できる部位は肩ロース、リブロース、サーロインの
3部位だとすれば、少し専門的になるが、ミスジやカイノミ、ササミなどの
表示はどうなるのか?

いままでマニアック的な要素だった部位の細分化が
当たり前になる日も近い、、、ということなのか。

そうなると、一頭買い付けがおもしろくなる。

もちろん、それ相当に売る店でないと無理だが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本ドキュメンタリー動画祭に出品中



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美味なる世界!
天然粗飼料で育てた近江牛

omigyubana
生産者限定近江牛販売中!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近江牛の販売【近江牛ドットコム】
ホルモンの販売【ホルモンドットコム】
近江牛業務用卸

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)サカエヤでは、「食」を通して「美味しさ」とともに贅沢な時間と楽しさ、笑顔の「食卓」を提案します。 【関連会社】 株式会社 アヴァッツ 近江牛ドットコム株式会社

詳細へ

個人プロフィール

1961年、父と母が京都にて繁殖に成功。玉のような可愛い赤ちゃんとして生誕。現在、中年おっさん道を順調に歩んでおります。

詳細へ

<<  2021年10月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 訳あり from 通販商品一覧
    訳あり
  • pkxqJVYO from pkxqJVYO
    やまけんさんが育てた短角牛「さちの肉」を食す会 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    牛肉の美味しさは、味・香り・食感 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • プラダ バッグ from プラダ バッグ
    ○八ホルモン - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ バッグ from フェラガモ バッグ
    ブログをやっていてよかったこと - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸