大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


生産者目線、お客様目線、販売者目線

投稿日時:2010/09/09(木) 00:59rss

tazima

お客様目線で考えなさい。

よく耳にする言葉だと思うが、
加えて、生産者目線、販売者目線がある。

この3つの目線をいつも意識して行動するように心がけている。

昨日、懇意にしている経営者の方々と焼肉を堪能した。
もちろん食べてハイ解散ということはなく、次の店へ移動して
動けなくなるまで食べまくる。

2件目の店は、大将1人で切り盛りしているのだが
なにを食べてもうまい。

同行した経営者の知り合いの店なのだが、
大将の白衣姿を見て思いだしたことがある。

ちなみに、白衣というのは医者が着てるやつではなく、
食堂でオヤジが着ている襟のな白い割烹着みたいなアレである。

先月に北海道へ行った時のことだが、
同じように白衣を着たオヤジが1人で切り盛りしている食堂へ入った。
昼時ということもあり満席だった。

首からタオルをかけてフライパンを振りまくっているオヤジ。

汗がフライパンに入らないかドキドキもんだ。
この時点でフライパンで炒める料理はパスだ。

厨房は冷房もなく、火を使っているので地獄のような熱さだと想像できる。
オヤジの白衣は汗でビショビショだ。

20分ぐらい待っただろうか。
注文したカレーライスが運ばれてきた。

待たして悪いと思ったのかオヤジは高校野球の話をふってきた。
オヤジの白衣はさらにビショビショになっていて汗で乳首が透けている。
じつに気持ち悪い。

オヤジの乳首をみながら食べるカレーライスほどマズイものはない。

なにを言いたいのかというと、もちろん乳首の話ではない。
料理をする人、サービスする人はもっと気を使ってほしいということだ。
身なりはもちろんだが、店外でもプライベートでもだれかに見られている
ということを意識してほしい。

私が住んでいるマンションの1階においしい魚料理の店がある。
本当においしくて何度か足を運んだのだが、店裏でタバコを吸ってる姿を
見てから行く気がしない。

生産者目線、お客様目線、販売者目線、この3つを常に意識してほしいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


美味なる世界!
天然粗飼料で育てた近江牛

omigyubana
生産者限定近江牛販売中!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近江牛の販売【近江牛ドットコム】
ホルモンの販売【ホルモンドットコム】
近江牛業務用卸

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)サカエヤでは、「食」を通して「美味しさ」とともに贅沢な時間と楽しさ、笑顔の「食卓」を提案します。 【関連会社】 株式会社 アヴァッツ 近江牛ドットコム株式会社

詳細へ

個人プロフィール

1961年、父と母が京都にて繁殖に成功。玉のような可愛い赤ちゃんとして生誕。現在、中年おっさん道を順調に歩んでおります。

詳細へ

<<  2021年4月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 訳あり from 通販商品一覧
    訳あり
  • pkxqJVYO from pkxqJVYO
    やまけんさんが育てた短角牛「さちの肉」を食す会 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    牛肉の美味しさは、味・香り・食感 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • プラダ バッグ from プラダ バッグ
    ○八ホルモン - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ バッグ from フェラガモ バッグ
    ブログをやっていてよかったこと - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸