大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


やまけんさんが育てた短角牛「さちの肉」を食す会

投稿日時:2010/08/02(月) 13:46rss

日本人の霜降り信仰は有名ですが、最近の牛肉事情は「赤身肉」に
注目が集まりつつあります。

テレビや雑誌の影響で、一般消費者の方々もブランド牛の名前だけでなく
最近では等級なんかもご存知の方が増えてきています。

しかしながら、お肉を美味しく食べるにはブランド力や格付け等級に
惑わされないことが大事なことなのです。

消費者の好みと格付けが必ずしも一致しないのが牛肉の奥深いところでも
ありますが、私個人的な好みをいえば、A5の肉なら2切れも食べれば十分で
A3あたりの肉をしっかりガシガシと噛み締めながら食べるのが好きです。

生産農家さんは、飼ってる牛すべてをA5に近づけるように肥育するのですが、
結果的にA5やA4、A3という評価になっただけで、同じ環境、同じ飼料で育てて
いるので品質そのものは変わらないのです。
しいて言うならば、血統によるところが肉質の変化につながっているぐらいです。

さて、前置きが長くなりましたが、やまけんさんがオーナーの短角牛「さち」を
食べる会がきたやま南山さんにて開催されました。

まずは、短角牛のオーナーになった経由から想いの部分まで約2時間
ビッシリお話いただきました。詳しくはやまけんさんのブログをご覧いただくとして
短角牛の醍醐味といえば、なんといっても「赤身」の旨さである。

ということで、この日は「さち」の肉をメインに、さまざまな赤身肉の
食べ比べができるということで参加者のボルテージも最高潮。
暑い京都の夜がさらに暑くなるようなうれしい企画をしてくださった南山さんに
感謝です。しかもこの日の収益金はすべて宮崎の畜産関係者へ寄付されるという
ことです。

sachiniku

お皿にきれいに盛り付けされているのは、
プレミアム短角牛、近江牛、京たんくろ和牛、十勝若牛、短角牛さちの肉の5種。

sachi2

赤身肉になるはずだった「さち」だったが、短角ではめずらしく
サシが入っているではないか?!
これは、うれしい誤算で「適度なサシ」が旨味を増幅している。
これがいわゆる「血統」のなせる業ということなのか。
しかし、それを最大限に引き出した生産者の賜物でもある。

tadafuziyasuhira

第1回近江牛八幡市近江牛共進会で優秀賞を受賞した「しゅろ号」
あのスーパー種牛「忠富士×安平」の血をひく近江牛です。
赤身肉の競演に華を添えるべく、ランプ肉を提供させていただきました。

食べ比べなので評価したいところなのだが、それぞれに特性があり
すべてうまい。ほんとうにおいしかった。

やまけんさんの「さちの肉」に関していえば、通常の短角牛に感じられる
微かな赤身特有のにおいが感じられなかった。
和牛を食べなれている方は、このにおいが気になって敬遠される方が多い。

個人的には焼きより鍋で食してみたい気がしたのだが・・・

翌日、やまけんさんから荷物が届いていた。

おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

さちの肉ではないか!

sa

モモはさすがに水分が多いので少し変色していたがまったく問題ない。
すき焼きにして食べることにしよう。
やまけんさんのブログでミンチが変色している写真が掲載されていたが
ボクのところに届いたものは、まったく変色していなかった。

ここしばらく肉が続いたので、胃袋をリセットしてから
改めて「さちの肉」をいただくことにしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近江牛の販売【近江牛ドットコム】
ホルモンの販売【ホルモンドットコム】
近江牛業務用卸

トラックバック一覧

  • » pkxqJVYO from pkxqJVYO
    やまけんさんが育てた短角牛「さちの肉」を食す会 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸

コメント


おおきに

ニイホさん、先日はありがとうございました。

娘も喜んでいました。

あれから書店周りに連れていったので
ヘロヘロになってました(笑)

獣医さんのお話もすごくよかったです
木下牧場さんも楽しかった。

またいい情報あればブログに書いてくださいね!

私も記事書きます

Posted by いよりん at 2010/08/03 01:33:00 PASS:

楽しかったです

こちらこそありがとうございました。

また、ご一緒しましょう。

Posted by 新保 at 2010/08/03 09:45:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)サカエヤでは、「食」を通して「美味しさ」とともに贅沢な時間と楽しさ、笑顔の「食卓」を提案します。 【関連会社】 株式会社 アヴァッツ 近江牛ドットコム株式会社

詳細へ

個人プロフィール

1961年、父と母が京都にて繁殖に成功。玉のような可愛い赤ちゃんとして生誕。現在、中年おっさん道を順調に歩んでおります。

詳細へ

<<  2021年1月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 訳あり from 通販商品一覧
    訳あり
  • pkxqJVYO from pkxqJVYO
    やまけんさんが育てた短角牛「さちの肉」を食す会 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    牛肉の美味しさは、味・香り・食感 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • プラダ バッグ from プラダ バッグ
    ○八ホルモン - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ バッグ from フェラガモ バッグ
    ブログをやっていてよかったこと - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸