大きくする 標準 小さくする
次ページ

2009年03月30日(月)更新

生産者さんからお花をいただきました

4302

生産者さんからお花をいただきました。
ほんと、ありがたいことです。

162340

受賞式の顔があまりにもダメダメなので
顔だけ別撮りしてチェンジしました。

782020

ええ感じやわぁ~

2009年03月29日(日)更新

老舗フレンチレストランへ食材持ち込み

食通の友人に、京都でうまいフレンチ言うたらどこがある?

というボクの質問に、

『レ・シャンドール』と即答された。

シェフと知り合いだと言うので
うちの肉で料理してもらうことになった。

1週間前に近江牛のテールとタンを送り、
前日にヒレを送った。

結果から言うと、すばらしいとしか表現できないほど
素材の良さを生かした料理に仕上げていただいた。

456321

852312

120650
近江牛のタンです。

125400
近江牛のテールです。

152000320
キャベツを崩すと、煮こまれて柔らかくなった肉が。

10123
近江牛のヒレです。
ソースと塩を用意していただいたが、断然、塩がうまい。
塩は、フランスブルターニュ産ゲランドの塩だったので、
少し講釈をたれてみた。
同席のメンバーに感心されたが、
うちで扱っているので知っていただけの話である。
物知りでもなんでもない(^^;

785201

146200

452136

132065
素材が良いので、どんなふうに料理しようか悩んだと田島シェフ

ごちそうさまでした。

京都市中京区柳馬場蛸薬師上る419
TEL 075-255-2277
12:00~14:00(オーダーストップ)
17:30~21:00(オーダーストップ)
定休日 水曜日/第3木曜日

2009年03月28日(土)更新

心が満たされる梅干し

420002

精進料理で満たされることはないと思っていたが、
お腹ではなく、心が満たされた。

和久傳でいただいた精進料理の一品“梅干し”
なんとも言えない奥深い味に、思わず料理人に尋ねてみると、
なるほど手が込んでいる。

手間をかけた分だけ、味に表現されるということなのか。

モノ作りの原点やね。

2009年03月26日(木)更新

ダニエル・オスト イン 金閣寺

12003

世界文化遺産「金閣寺」の境内の方丈を舞台に、
東西の文化の粋を融合させたワールドクラスのインタレーションが行われた。

78002

「花の建築家」と称されるベルギーのフラワーアーティスト、
ダニエル・オストの「生きた芸術」の極致を体感するために金閣寺へ。
実は、行ったつもりでいたが、記憶をたどると初金閣寺だった。

70222

特別展示は鹿苑寺(金閣寺)の本堂「方丈」。
もちろん写真撮影は禁止であるため、場外より撮影。

9523001

感性を高める良い機会をいただきました。

2009年03月21日(土)更新

近江牛ハンバーグ

120300

試食、試食、
朝、昼、3時の休憩、夕方、夜と
おかまいなしにハンバーグの試食が続いた数か月だったが
本日めでたく販売となりました。

大量生産できないので、
少しずつしか作れませんが、
“ほんまもん”です。

これでもか!
と言うぐらい肉が主張してきます。
そんなハンバーグです。

ミンチの中にすき焼きのええ肉入れてます。

2009年03月20日(金)更新

タイユヴァンワイン×近江牛ステーキ

10030

昨年の11月からコツコツ取り組んでいた
タイユヴァンと近江牛のコラボ企画ですが、
まずはステーキのページが出来上がりました。

こちら..........

中年メタボを満喫していた頃..........

2001年に某ワインメーカーとのコラボで、
近江牛みそ漬けに合うワインをPB商品で作ったが、

2001年の9月、BSE騒動で肉が売れなくなり
ワインもほとんど売れることなく在庫となった。

それ以来、ワインを見るのも嫌だったが、
タイユヴァンのワインでリベンジでおま。

2009年03月18日(水)更新

近江牛専門店が極めたカレーがoh!セレクション 大賞受賞

会場に到着するも体が重くテンションが上がらない。
体が熱っぽく、なんだか地に足がついていない感じ。

162340
審査員の平野レミさんから盾とトロフィーを授与されるも
笑顔が作れない。。。ヤバっ

それでも、受賞インタビューでは、商品のPRをしっかりさせてもらった。
島根で滋賀のPRをするって結構勇気いりますねん。

テンションはイマイチ上がらなかったが、
短い時間で笑いもとれたし、まぁ、ええんちゃうかな。

本調子だったら大爆笑間違いなしだったのに・・・
ちょい悔やまれる^^;

今回受賞した「oh!セレクション」とは、
田舎of田舎の島根県邑南町が開催するセレクションで、
田舎ならではのこだわりのある、生産者が真心・愛情を込め、
時間を注いで作った逸品(食品)を島根県、石見地方を中心に、
全国の田舎・中山間地から募集し、田舎ならではの逸品を全国レベルの審査で
認定するセレクションです。

書類審査→一般モニター審査→プロの審査の3段階の厳しい審査を行われ
当店の近江牛専門店が極めたカレー が大賞を受賞しました。

島根県邑南町は人口13000人の小さな町です。
地元には、石見和牛をなんとかメジャーブランドにしようという取り組みがあり
石見和牛のカレーやハンバーグが商品化されています。

それでも、当店のカレーを大賞に選んでくれたことにセレクションの公平さを感じ、
価値がある受賞のように思います。

おおきに!

ありがとうございました。

2009年03月17日(火)更新

気分新たに島根県 邑南町2日目

12560

ボロボロの状態でやっと「民宿 日野」に到着。
予定より1時間30分遅れだ。
こんなにボロボロなのにあたりまえのように写真だけは撮ってしまう
ブロガーの悲しい性(^^;

今日の宿泊は、私1人とのこと。

とりあえず風呂に入って
冷え切った体を温めることにした。

ごはんを食べて部屋に戻るも
パソコンの環境が整っていないので手持無沙汰だ。
早いけど寝るしかない。

いつも思うのだが、
旅館や民宿はなぜ寒さ対策ができていないんだろう。

有料でもいいから電気毛布か湯たんぽを用意してほしい。
どこへ行ってもペラペラの布団に浴衣なので常にスウェット上下を
持ち歩くはめに。これがかさ張るので結構な荷物になる。

翌朝、民宿のおばちゃんに言われた。

>昨日、電話もらった時点で迎えに行けばよかったね。


お気持ちだけでうれしゅうございます。


そうこうしているうちに、
農協のイケメン君が迎えに来てくれたので民宿を後にした。

5分ほどで会場に着いた。

752010

2009年03月16日(月)更新

歩いて、歩いて、歩いて・・・

1452

高速バスに揺られながら
雪景色の山間を抜けると、目的地の道の駅に到着した。

時間も早かったので、店内を物色し、飴を買った。
レジの女の子に今夜宿泊する「民宿 日野」はどこですか?
と尋ねた。

そこに見えてる信号を曲がってまっすぐ行けばあります。
と答えてくれたが、表情に戸惑いを感じた。
(あ、この子、ほんまは知らんのに適当に答えたな)と内心思った。

信号を曲がってまっすぐ行くが「民宿 日野」が見当たらない。

やっぱり・・・

手帳に電話番号を控えていたので「民宿 日野」に電話する。
すると、道の駅をまっすぐ7キロ行くと病院があるので、その信号を右に曲がって
7キロ先にあるとのこと。

タクシーもなければ車もない。
とりあえず歩くしか手立てはないようだ。

21500

写真を撮りながらボチボチ歩いた。

この日の朝は異常に寒かったので、スーツの下にタイツやらベストやら、
おまけにコートにマフラー、手袋にマスクと完全な真冬仕様だ。

これがアダとなった。
しかも、パソコンやらパジャマやらギッシリ詰まったカバンが重い。

30分ぐらい歩いただろうか、
体内からじわりと汗がにじんできた。

着こみすぎたせいで、額からも汗がでてきた。
風が冷たいので耳だけがちぎれそうに痛い。
そうこうしているうちに雪が降ってきた。

うわぁ~、最悪や

あまりにも遠いのでもう一度「民宿 日野」に電話してみた。
やはり1回目と同じく病院を曲がって7キロ先だと言う。
(おいおい、迎えに来いよ)と内心思う。

病院を曲がったところに電器屋があったので
「民宿 日野」はどこにありますか?と聞いてみた。

電器屋のおじさんは、
私が来た方向を指さして7キロ先だと言った。

え、どういうこと?

「民宿 日野」に電話してみた。
すると、そこは「民宿 日野」ではなかった。

え、どういうこと?

電話をすると、「はい、民宿*×△∴×」と語尾が聞き取りにくい。
言葉が滑ると言うのか、私が「民宿 日野」じゃないんですか?
と聞くと、このときはハッキリと違いますと答えた。

「*×△∴×」を勝手に「民宿 日野」だと思い込んでいたようだ。
(最初からハッキリしゃべれよ)と内心思う。

事の顛末はこうだ。
最初に「民宿*×△∴×」を予約したのだが、
主催者側から「民宿 日野」が会場から近いのでそちらを予約してほしいと
言われた。そのとおりに「民宿 日野」を予約して「民宿*×△∴×」をキャンセルした。
このとき、手帳に書いた「民宿*×△∴×」を「民宿 日野」に
書き換えたのだが、電話番号を書きかえるのを忘れてしまった。

会社に電話して「民宿 日野」の電話番号を調べてもらい
正真正銘の「民宿 日野」に電話すると、
道の駅を出て信号を曲がって真っ直ぐだと言う。

ゲッ、道の駅のお姉さんが言ってたのが正解やったんや。
(もっとハッキリしゃべれよ)と内心思う。

来た道を帰るほど辛いものはない。
ついに足はガクガク震えだし、体全体が熱を帯びたように熱くなり、
耳はちぎれていないか時折確かめながら1時間ほど歩いてやっと
「民宿 日野」にたどり着いた。

2009年03月15日(日)更新

広島行きの車中

前回の続き.....

この日は朝からツイてなかった。

ここ数日バタバタしていたため、
事前に切符を買うことができず間際に駅で購入することに。
車内で仕事をしたいので奮発してグリーン車を指定して
電車に飛び乗った。

こんな日に限ってJRが遅れている。
京都駅に着いたらダッシュで新幹線のホームへ。
ギリギリ間に合った(ふぅ)

ところが、切符をよく見ると
グリーン車ではなく普通の指定席。
(うわっ、駅員間違ってるやん)

とりあえず席についてグリーンに変更しようか迷っていたら
新大阪に着いてしまった。

まぁいいかと、そのまま変更せずに座っていたら
今度は前席の子供がグズりだした。

うわぁ~、最悪やぁ~

古芝さんの顔を思い出して、ツイてる、ツイてる、と自分に言い聞かせてみたが、
子供のグズり具合が半端じゃなかった。

仕事したかったがそんな気にもなれず
いよりさんが紹介していた本を読むことにした。

いきなり精子だの卵子だの・・・

若いころに出会いたかった1冊である。

28387347
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)サカエヤでは、「食」を通して「美味しさ」とともに贅沢な時間と楽しさ、笑顔の「食卓」を提案します。 【関連会社】 株式会社 アヴァッツ 近江牛ドットコム株式会社

詳細へ

個人プロフィール

1961年、父と母が京都にて繁殖に成功。玉のような可愛い赤ちゃんとして生誕。現在、中年おっさん道を順調に歩んでおります。

詳細へ

<<  2009年3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 訳あり from 通販商品一覧
    訳あり
  • pkxqJVYO from pkxqJVYO
    やまけんさんが育てた短角牛「さちの肉」を食す会 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    牛肉の美味しさは、味・香り・食感 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • プラダ バッグ from プラダ バッグ
    ○八ホルモン - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ バッグ from フェラガモ バッグ
    ブログをやっていてよかったこと - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸