大きくする 標準 小さくする
次ページ

2008年07月31日(木)更新

レストラン「Peach Valley(ピーチバレイ)」

MIHO MUSEUMのレセプション棟にある
レストラン「Peach Valley(ピーチバレイ)」は有機食材のみで厳選された
オーガニックレストランでスタッフの対応が抜群に良い。

986
味噌と塩でボリボリ食べてみる。

30994
夏野菜の冷製パスタ

3009
本当は「おむすび膳」を食べる予定だったのだが、他のテーブルの人が
冷製パスタを食べているのを見てついつい「あれと同じもの」と言ってしまった。
仕切り直しで「おむすび膳」をオーダー

40002
デザートもしっかり胃袋へ


さて、お腹もそこそこ膨れたのでいざ美術館へ。


104410
美術館の外はまさに草木に囲まれた桃源郷
まさに自然との融合


40018
少し歩くと腹が減るという体質なのか、ふたたびデザート(^^;

歩いては食べ、汗かいては飲み・・・

暑すぎて痩せたい気持ちが薄れていく。

2008年07月30日(水)更新

MIHO MUSEUM

湖南アルプスの山中にあるMIHO MUSEUMにでかけてきた。
カーナビがなければまずたどり着けないであろう信楽の山の中にある。
建築はルーブル美術館のガラスのピラミッド、ワシントンのナショナルギャラリー
東館などで世界的に知られるI.M.ペイ氏によるもの。

自然を壊さないように、草木を一旦移動し、地上ではなく地下に建物を建て
ふたたび草木を元に戻すという、自然と融合した建築物、MIHO MUSEUM

978
レセプション棟といわれるところで軽く食事をしたあとに
美術館棟へ向かうことに。

山中を歩き、トンネルを抜けるとまさに桃源郷

トンネルから美術館までをご案内します。

0038

0048

0047

0046

0045

042
建築容量の80%以上を地中の埋設し、建物の上に自然を復元している。

ほぼ半日、山の中で聖なる酒器リュトンを堪能した。

0976
“リュトン”とは注ぐための器で、多くは動物の形状を持っています。
リュトンは古代ギリシャの「流れる」を意味する言葉に由来します。

4013

2008年07月27日(日)更新

幻の豚 梅山豚

梅山豚(メイシャントン)は中国太湖豚系の原種豚で日本ではわずか100頭しか
飼育されていないという、まさに幻の豚です。

茨木の塚原牧場が平成元年に梅山豚を輸入した後、中国政府は梅山豚を
輸出禁止品目に指定したため、現在日本で飼育されているのは塚原牧場と
農林水産省を合わせて100頭前後だそうです。

その梅山豚を取り寄せてみた。

調理法をネットで調べていくうちに梅山豚が三蔵法師のお供をする
猪八戒のモデルだったということが判明。

親豚の写真がこちら
エグい顔してはりますわ。

866
こんな感じで真空冷凍で届きました。

961
ロースは塩こしょうで焼いてからぽんずであっさり仕上げてみた。
脂が上品でとろ~っとしている。

965
モモは80度で湯煎して水菜、にんじんを巻いてゴマソースをかけて、
カシューナッツを散りばめてみた。

モモ肉でもサシが入っていてイベリコ豚と同等レベルだ。
セボ、レセボ、ベジョータの3ランクのなかでももっとも優れたベジョータに
匹敵する。

いやぁ~、梅山豚、うまいわ。

2008年07月26日(土)更新

金八

30886
7月のe製造業の会セミナーは
キャンパスプラザ京都にて動画撮影講座が行われた。
講師はプロカメラマンの小畑章氏で相変わらずおもしろい人だ。

895
「映像には文法がある!」という教えを元にいざ実践!

会場は冷房が効いてちょうどええ感じだったが
この時期の京都は体が溶けるような暑さ!

はやく懇親会でキンキンに冷えたビールが飲みたい~!

940
懇親会は会場近くの「金八」という居酒屋
あまり期待はしていなかったのだが予想は裏切られた。

901
ピチピチトレトレ、お造りの盛り合わせ

902
豆腐のサラダ、味は普通~

909
コリッとした食感があとひく“つくね”

913
アップはこんな感じです。このつくねは最高にうまかった。
この店の看板メニューでしょうね。

919
豚肉の炭焼き、普通にうまい

926
田楽と山科とうがらし
山科とうがらしははじめて聞いた。
勝手にネーミングしてるのかと思ったが
検索したらちゃんとでてきたのでほんまやったんやね。

927
ぶりカマ、これが豪快でうまかった!

936
えぇ~と、なんとか言う寿司、あぁ~名前忘れた

950
2次会は京都タワーが見える素敵なロケーションの
「楽座」という居酒屋。

957
締めは第一旭のラーメン

間違いなく食い過ぎてる。

2008年07月24日(木)更新

FUNATSURU

864
今から138年前に創業した料亭旅館「鮒鶴」
ザ・リバー・オリエンタルと名前を変えて現代に蘇ったのだが
しばらく休業していた。ダイニング&ウェディングとして人気を博していたので
再開を待ち望んでいた方も多かったのではないだろうか。

そして、数ヶ月前に「FUNATSURU KIYOTO KAMOGAWA RESORT」
として新たにオープンした。

824
異次元へ入りこむような素敵な玄関

28
鴨川側から見るとこんな感じ。
「千と千尋の神隠し」に出てきた八百万の神々が集う風呂屋“油屋”に
よく似ている。もしかしたらこの建物を参考にしたのかも知れない。

さて、この日はおいしいフレンチをいただいたのだが
残念なことに写真がない。

というのもこの時期の鴨川沿いのお店といえば
なんといってもである。

時間が遅かったせいもあり真っ暗で写真が撮れず、
おまけにこの日は風が強くてランプに灯した明かりもすぐに消える始末。

床は風情があっていいが、あまり遅い時間だと真っ暗で
せっかくの美しい料理がじっくり見られないのが残念。

これからの時期は蚊も多くなるので
次回は室内でゆっくり楽しみたいものだ。

2008年07月20日(日)更新

ラ・トォルトゥーガ

高麗橋のラ・トォルトゥーガで食事会
社労士さんやら税理士さんやらIT屋さんやら不思議な会です。
食べることだ大好きという共通点で繋がってる仲間たち。

さてさて、珍しく車で行ったのが間違いだった。
環状線で大渋滞に巻き込まれ、挙句にはナビにウソつかれ
迷って迷って汗だくで少し遅れてなんとかたどり着いた。
しかし分かりにくいところだった。

3回ほどお店に電話をかけたが親切な対応にうれしかった~♪
忙しくても電話対応って大事ですね。

719
大阪高麗橋のラ・トォルトゥーガ

728
シャラン産鴨のテリーヌ、ピスタチオ・フォアグラ

735
ハモと夏野菜の冷製ジュレ

745
ブーダンノワール(豚の血入りソーセージ)とリンゴと豚足のシテー
シードルヴィネガー風味


757
スズキのオーブン焼き、ニンニクタイム風味

755
ランドドック地方料理“カスレ”

車で行ったため「なぎさビール」が飲めず残念。
あっと言う間に満席になる繁盛ぶり。
スタッフの温かさが伝わる良いお店でした。

次回は電車で行きます(^^)

2008年07月20日(日)更新

「売らないこと」でブランディングする

704
テストマーケティング研究所のミーティングが
前回同様、メビック扇町で行われた。

今回題材として取りあげられたのは、コクホー株式会社・庄山社長の
『プルミエール名刺入れ』

のはずだったが、

もっと大枠で『國鞄』ブランドについての
意見交換が行われた。

7740
ちなみに前回のテストマーケティングよりモニターとして使用している
プルミエール名刺入れだが使いこむほど少しずつ色合いが変化していくのが
おもしろい。一生涯のモニターとして定期的に写真と感想をアップしていきたい。

さて、庄山さんの『國鞄』に対する熱い想いは
当日の参加者全員の胸に刻み込まれたことでしょう。
事実、私自身も庄山さんのストーリーに感銘を受け終了後は
こちらの鞄、ものすごく欲しくなりました。

庄山さんの話(想い)、作り手の想い、受け継がれてきた伝統、技術
ユーザーの声、これらすべてが売れるための“証拠”だと思います。

村上さんが「宣伝しないこと」という奥深い言葉を感想としていましたが
もしかしたら『國鞄』の強みは「売らないこと」なのかも知れません。

物があふれ偽装が横行し、良いも悪いも判断できない世の中で
「売らないこと」でブランディングできる『國鞄』はすばらしいと思います。

02152
酒井編集長激写

懇親会はこちらも前回同様、OGIMACHI Deccaでイタリアン三昧
写真の様子からも高尚なメンバーの上品な会話が想像できるかと。

2008年07月18日(金)更新

祇園祭り

0587
露天の多さにビックリ!
普段は閑古鳥が鳴いてるような喫茶店やレストランもこの日は大忙し。

615
歩き疲れて日が落ちた頃、(株)くろちく運営の百千足館でいっぷく。
黒竹社長のええ話聞いてええ酒いっぱいよばれてええ気分ですわ。

606
祇園町から舞妓さん呼んでもろてさらにええ気分。

さて、明日から本格的な夏
今年は暑くなりそうだ。

2008年07月16日(水)更新

宝石のような包丁

582

創業270年の帯匠「誉田屋(こんだや)」
京都で一番古い帯問屋である。
そこの蔵で展開されている「SHINA」は
デザイナーの永澤陽一氏がセレクトした高級雑貨ショップ

そこで出会ったのがミシェル・プラスがプロデュースした
「Michel BRAS」という包丁だ。

ミシェル・プラスはフランス料理界のみならず
あらゆる料理界を代表するシェフ。
そのミシェル・プラスがプロデュースした「Miche BRAS」は
ミシェル・プラス自身が「宝石のような包丁」と形容する最高の完成度である。

658

値段は驚くなかれ、いつも使っている包丁の8倍
もちろんそんな高価な包丁、買うつもりはない。

しかし、30分ほどジーッと眺めていると
包丁に連れて帰ってくれと語りかけられてるような気がして
買ってしまった。

こういう出会いも大切にしないと。

高揚した気持ちで外にでると
すでに陽が沈みあちらこちらから聞こえるコンチキチンの音色を
しばらく楽しんだ。

0645

2008年07月15日(火)更新

30555

ここ最近あまりにも忙しい日が続いているので
今日はひさしぶりに自宅で試食を兼ねてステーキを堪能した。

料理法や肉によって酒を選ぶのも楽しみの1つ。

この肉には加藤吉平商店の“梵”がピッタリ

スッキリした味だが日本酒であることもしっかり主張している。
いつも以上に飲んで食って幸せ気分を満喫しているときに

ソファの上でウ●コしているバカ犬と目があった。

ハァ(。>0<。)
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)サカエヤでは、「食」を通して「美味しさ」とともに贅沢な時間と楽しさ、笑顔の「食卓」を提案します。 【関連会社】 株式会社 アヴァッツ 近江牛ドットコム株式会社

詳細へ

個人プロフィール

1961年、父と母が京都にて繁殖に成功。玉のような可愛い赤ちゃんとして生誕。現在、中年おっさん道を順調に歩んでおります。

詳細へ

<<  2008年7月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 訳あり from 通販商品一覧
    訳あり
  • pkxqJVYO from pkxqJVYO
    やまけんさんが育てた短角牛「さちの肉」を食す会 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    牛肉の美味しさは、味・香り・食感 - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • プラダ バッグ from プラダ バッグ
    ○八ホルモン - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸
  • フェラガモ バッグ from フェラガモ バッグ
    ブログをやっていてよかったこと - サカエヤ 代表取締役 新保吉伸